南生協よってって横丁

ホームへ戻る

  1. HOME >
  2. 南生協よってって横丁 >
  3. 診療所

診療所

よってって在宅診療所

よってって在宅診療所 所在地

〒459-8016 名古屋市緑区南大高二丁目701

TEL/FAX
TEL:052-626-1215
FAX:052-626-1216
電話受付時間

月~金 9:00~17:00(土曜午後・日曜・祝日休み)


よってって在宅診療所

在宅を24時間体制で対応する診療所

「よってって在宅診療所」は、在宅療養支援診療所です。在宅医療を専門的に担い、病院・診療所、訪問看護、介護サービスなどと連携し、在宅療養されるみなさんの支援を行います。


在宅医療とは

当院より医師が定期的に訪問し、診察を受けていただくことができます。
診療・処方をはじめ、当院では採血や心電図検査なども行うことが可能です。
診察日は医療計画に基づいて月1~2回、日時を決めてご自宅にお伺いします。
体調、症状によっては週1回またはそれ以上の診察も行います。


特徴
  • 隣の南生協病院と「顔の見える」安心の医療連携。
  • 訪問エリア 名古屋市緑区・南区、大府市、豊明市
    がんや重度障害(小児を含む)等で、通院困難な方、自宅で暮らしながら療養したい方、
    また在宅での看取りも行っています。
    お気軽にお問い合わせください。

生協えきまえ歯科

生協えきまえ歯科 TEL/FAX
TEL:052-626-1720
FAX:052-626-1721

診療時間 (予約制)
9時 ~ 11時30分
13時 ~ 16時30分
17時 ~ 20時

※日曜日・祝日は休診です。
※急患の方はお電話下さい。


生協えきまえ歯科

虫歯と歯周病の予防を通じて健康なまちづくりに貢献

「生協えきまえ歯科」は南医療生協3番目の歯科クリニックで、近接する南生協やよってって在宅診療所と連携することによって、全身状態に配慮した安心の歯科医療を提供します。


特徴・こだわり・めざすもの
  • 歯のメンテナンスをすることによって、生涯美味しいものを何でも食べられるお口の健康づくりをサポート。
  • 医科と連携し、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病や認知症、誤嚥性肺炎などのリスクを軽減。
  • 予防中心の歯科医療を提供し、健康なまちづくりに貢献します。

※一般の健康保険治療、保険適用外の自費治療も行っています。


メンタルクリニックみなみ

メンタルクリニックみなみ TEL/FAX
TEL:052-626-1026
FAX:052-626-1027

診療時間
8時30分 ~ 12時30分 古水
阪野
古水
阪野
古水
伊井(俊)
古水
阪野
阪野 交替制
14時 ~ 16時 古水
阪野
古水
阪野
伊井(俊)

※日曜日・祝日は休診です。
※完全予約制です。


メンタルクリニックみなみ

やさしいフロア、適度な距離感、メンタルヘルス向上にも

「メンタルクリニックみなみ」は、総合病院南生協病院からの移転です。メンタル医療が、いっそう地域のくらしに近づきました。常勤医師2人、非常勤医師1人が対応します。

所長:古水克明 常勤医師:阪野公一
非常勤医師:伊井俊貴


特徴・こだわり・めざすもの
  • 朝8時半から診療開始で、通勤・通学にも便利。
  • 受付はメンタルクリニックみなみの窓口。適切な距離感を保つ待合室。
  • 診療室数はプライバシー・防音にも配慮。好評の呼び出し表示システム。診療室、臨床心理室のイス机配置にも細かな配慮。
  • 地域の健全なメンタルヘルス向上のための学習会を随時企画・開催。メンタルヘルスの相談もOK。
  • 伊井俊貴医師の診療は認知行動療法をおこなっています。
    (注:診察にて認知行動療法が望ましい病状かどうかの判断をおこない治療を開始しますので、必ずしもご希望に沿えない場合があります。)

メンタルデイケアみなみ風

メンタルデイケアみなみ風 TEL/FAX
TEL:052-626-1035
FAX:052-626-1036

メンタルデイケアみなみ風

メンタルプログラム、社会生活復帰に向け、連携バツグン

精神科デイケアは、メリハリのある生活をする、周りの人とうまく付き合い社会性を身につける、体力をつけるなど一人ひとり自分に合った目標をもち、社会的に自立した生活を目指すリハビリテーションの一つです。
ショートケアは半日の利用です。疲れやすい方、通い始めの方などご希望に合わせてご利用いただけます。(ただし、ショートケアは昼食はありません)


特徴・こだわり・めざすもの
  • 10人程度の小グループできめの細かい対応が可能です。
  • 障害にこだわらず、一人一人を尊重した関わりをします。
  • 地域と連携し、より社会と近い場所で利用者の生活を支えます。