ドクター求人情報

ホームへ戻る

  1. HOME >
  2. 採用情報 >
  3. ドクター求人情報 >
  4. 参加者の声
学生実習見学参加者の声

医師・医療職にとって大事な事は??

  • 相手の気持ちを考え、その人の立場になって考える事。
  • 笑顔・責任感。
  • 命を救う事。
  • 患者さんの立場から考える事だと思う。医師として患者さんの意思を大事にする必要があると思います。
  • 信頼されること、1人1人の患者さんのことを考えること。
  • 患者さんや患者さんの家族の方と積極的にコミュニケーションをとることだと思います。
  • 患者さんと同じ目線でいること。
  • 医師としっかりとコミュニケーションをかわすこと。
  • 責任感があって、患者さんのことをしっかりと考えていて、判断力もあること、また人に安心感を与えられること。
  • 自分の行動に責任をもつ事。自分の行動の1つ1つが患者さんに関ってくる事を忘れないようにする。

医師・医療者を目指すきっかけ、将来の医師像

  • 検査で病院にお世話になったから。
  • 97歳で亡くなった曾お婆ちゃんが83歳まで現役の女医をしていたことに憧れたから。
  • 地域医療をやりたい。
  • 信頼される医師になって、多くの人を助けたい。
  • スポーツをやっていたこともあって、整形外科やそれに関する研究をやりたい。
  • 医療チームの一員として働きたい。
  • 外科医になって、重い病気にかかってくる人をなるべくたくさん救ってあげたい。
  • 親の影響。
  • 小児科に興味がある。

見学者・目標の職種
医師、看護師、薬剤師、リハビリ関係、救急救命士 など

感想 ~中学生の声~

  • 普段出来ない貴重な体験をたくさんすることができたのでよかった。
  • 特にオペがよかったかと思った。病理科というものがあることも知らなかった。
  • まだまだたくさんの試験があるので、まずは高校入試を頑張りたい。 そして医学部に入ったらしっかりと勉強したい。
  • 今回の体験でより医師になりたいと思った。

過去の参加校
中部中学校・名南中学校・山岡中学校

感想 ~高校生の声~

  • 病理学という言葉は、聞いた事があるものの実際はどのような役割を果たしているのか知らなかったので、標本を 見せていただいたり、臓器に触れさせていただいたりして、今までしたことのない体験を通して知ることが出来た。
  • 病院としての施設の工夫が色々とあって凄いなと思いました。
  • 白衣を着れたことが何より嬉しかった。
  • エコーを実際に体験して、体の中がどのように見えるか分かった。
  • 病院の奥の奥まで見せてもらった感じで日頃個人的に通うものとは違った場面を見ることができました。どんな科も患者さんを支える為に一生懸命に頑張っているように感じることができました。今日はとてもよい経験をすることができました。
  • 医師の仕事は人の命を預かる事で、医師の資格がなければメスを使ったり薬を使ったりするから犯罪になりかねない。だから適当にはできないと聞き改めて納得しました。今回の見学でさらに医師になりたいと思ったし、格好良いと思いました。
  • 薬剤科を見学させてもらってたくさんのことを知ることが出来た。薬剤科をより知ることができて、ますます薬剤師になりたいと思った。直接、人に関る仕事の重さを改めて知った。
  • 先生から色々な話を聞けて勉強意欲も向上したので、見学できてよかった。
  • 病院で働く人は皆、患者さんに優しく、少しでも困っている人がいれば分かりやすい大きな声でゆっくりと説明しているのを見て、特にそれを感じました。
  • 休む暇がなく、常に動いていたので、医者の大変さもわかりましたが、やりがいのある仕事だと思いました。

過去の参加校
春日が丘高校・菊里高校・向陽高校・高蔵高校・桜台高校・時習館高校・千種高校・滝高校・南山女子高校・ 皇学館高校・半田東高校・長良高校・椙山女学園高校・金城学院高校・明和高校・刈谷北高校・星城高校

感想 ~医学生の声~

  • 普段出来ない貴重な体験をたくさんすることができたのでよかった。
  • 見学先の看護師さん、検査技師さん、事務の方がとても親切に対応してくれて、気持ちがとても落ち着いた。
  • 医局の雰囲気が明るかったのに驚いた。
  • 職員と患者さんとの距離が他の病院よりも近いように感じた。
  • 一緒に回っていただいた研修医の先生がとても丁寧に説明して頂いて本当に感激した。
  • 実際の研修医や医師の働き方が感じられてよかった。
  • 研修の大変さがわかったけど、ありのままを聞けた事でモチベーションがあがった。
  • 医師や研修医に「待ってるよ」と言われたのが嬉しかった。
  • 親切で暖かい空気のある病院だと感じた。

過去の参加校
名古屋大学・高知大学・島根大学・藤田保健衛生大学・愛知医科大学・山形大学・産業医大学・名古屋市立大学・ 浜松医科大学・近畿大学・秋田大学・岡山大学・三重大学・福井大学・東京女子医科大学

最近頂いた感想 2011年7~8月

  • 中国医科大学(中国) 原美佳さん
    【実習期間 8月1日~8月27日】
    今回が初めての実習で不慣れな点が多く、始終肩に力が入った状態だったのですが、先生方をはじめとする病院職員の皆様方が温かく声かけをして下さり、話しやすい雰囲気作りをして下さったおかげで、後半はリラックスして実習に望むことができました。また、医療スタッフ間の関係性の良さが伝わり連帯感があるように思われたので、卒業後、楽しく有意義な研修ができそうな病院であると感じました。研修医の先生方の働きを間近で見させていただいたり、お話を聞かせていただいたりもしたのですが、当然ながら学ぶことが多く、精神的にも肉体的にもハードだという印象を受けました。ですが、そういった時に上の先生方や事務職員の方のサポートがあり、研修医の先生方の抱えている悩みと向き合い、解決の手助けをなさっている印象を強く受けたので心強く思いました。
    実習では幅広く多くの科、施設を見学させていただいたのですが、特に印象に残ったのは地域の診療所の先生による往診でした。今まで自分の中で医療活動というと病院の中で行われるモノというイメージが強かったのですが、往診した地域には自身の力では通院できないけれども医療を必要としている方がたくさんおられ、そのような方々にとって往診で訪れる医師は心身ともに支えとなる心強い存在なのではないかと立ち会ってみて思い、地域医療の大切さを身をもって体感しました。
    南医療生協が大切にしている‘地域に根ざした医療’に感銘を受け、将来的に病気を治すことだけを目的とするのではなく、病気と闘い続ける地域の患者さんを継続的に見守り続けていくという姿勢を持った医師になりたく、そのための学習を南生協病院で続けさせていただきたいと思いました。
  • オラデア大学(ルーマニア) 石黒由高さん
    【実習期間 7月27日~8月8日】
    私はルーマニアの医学部に在学しています。
    カリキュラムには夏休みに二週間病院実習に行くことが組み込まれています。
    南生協病院では1年次、4年次、5年次に受け入れていただきました。
    特に低学年では受け入れていただける病院が少なく、南生協病院で受け入れていただいて大変感謝しております。
    実習では多数の科を回ることができました。
    どの科も快くご指導いただき大変勉強になりました。
    同時にこれからしていく勉強の方向性が定まり、かつ勉強へのモチベーションも大きく高まりました。
    また単なる医学知識の習得のみならず、地域密着の医療の重要性を垣間見ました。
    将来的にはなんでも診れるジェネラリストとして地域医療に貢献したいと思います。