回復期リハとは?

回復期リハビリテーション病棟について

回復期リハビリテーション病棟では、日常生活能力の向上、寝たきりの防止、社会復帰を支援します。当院は、多職種チームで目標を立案し、カンファレンスで目標を確認しながら365日のリハビリテーションを提供していきます。また、入院中の日常生活能力の向上と合わせて、退院後の生活をサポートする品質づくりに力を入れており、当法人内のネットワークを最大限に活かしてサポートさせていただきます。


多職種によるチーム医療

患者様の退院後の暮らしを豊かにひろげるために、多くの専門職がチームを組んで治療・リハビリを提供します。


カンファレンス
医師、看護師、介護士、薬剤師、ソーシャルワーカー、退院支援看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が集まり、入院患者様の社会復帰・在宅復帰等に向けてチームで話し合いを行います。

様々な医師回診

リハビリ専門医回診
患者様のリハビリ目標や内容について専門医と各療法士が検討しながら、毎日のリハビリテーションを進めます。
整形外科医回診
整形外科疾患の手術後のリハビリテーションはレントゲンなどを医師が判断し、痛みに応じて進めていきます。
歯科医師往診
元気の源である「食べること」を支援するために歯科医師による義歯の調整や歯科衛生士による口の中の衛生管理を行います。

リハビリテーション

理学療法
日常生活に必要な「起きる」「座る」「立つ」「歩く」といった基本動作訓練を行います。
作業療法
「入浴動作」や「トイレ動作」といった生活動作の獲得・向上の訓練・お手伝いを行います。
言語聴覚療法
「食べる」機能、言語機能(聞く、話す、書く、読む)に対する訓練を行います。
家屋訪問
退院後の生活に向けて必要な動作の練習や家屋の改修などのアドバイスをご自宅を訪問し、行います。
外出練習
自宅内の生活以外の外出や就労に関する活動についても支援します。
・公共交通機関の乗り降り
・買い物

薬剤

薬剤科

入院から退院まで安心して薬を飲んで頂けるよう努めます。

  • 入院後、今まで飲んで頂いている薬(サプリメント、市販薬含む)を確認し、医師と継続、中止の判断をし、変更または薬剤切替時には患者さままたはご家族に説明させていただき、同意を得ます。
  • 1週間に1回、薬が正しくのめているか?薬で困っていることはないか?を確認するために、病室に訪問させていただきます。
  • 退院時に、お薬手帳を通して次の医療機関への情報提供につとめ、引き続き安心して薬を飲んで頂けるようサポートします。

栄養管理

栄養科
患者様が毎日の食事を“おいしく”、“楽しく”食べていただくために工夫しています。また、生活習慣病や摂食嚥下機能障害のある患者様、ご家族様とともに、ご自宅で作ることができる調理の工夫などを考えています。

入院までの流れ

回復期リハビリテーション入院対象となる疾患・状態

疾患名 入院までの
期限
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術の状態又は義肢装着訓練を要する状態 発症または術後2ヶ月以内
高次機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 発症または術後2ヶ月以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 発症または術後2ヶ月以内
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 発症または術後2ヶ月以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 損傷後1ヶ月以内
股関節又は膝関節の置換術後の状態 術後1ヶ月以内

入院を希望される方

入院中の医療機関にご相談ください。


判定会議

入院中の医療機関から診療情報提供書などを頂き、全身状態・リハビリテーションの適応等を検討し、受け入れ可否を決定いたします。


入院日決定

入院日が決定次第、日時を入院中の医療機関へお知らせします。

入院から退院までの流れ

入院
  • 看護師による入院オリエンテーション、リハビリ担当者による身体機能評価、医師の診察を行います。
  • 入院当日よりリハビリテーション開始いたします。
初期カンファレンス
  • ご本人・ご家族・担当職員参加
  • 現状(身体状況・病棟生活の状況・リハビリの状況)の説明と、ご本人・ご家族の希望を確認して、今後の目標・方向性について話し合い、確認させていただきます。
家屋評価
  • 必要時リハビリ担当者がご自宅に訪問させて頂き、手すりや段差などの住宅改修提案、部屋のレイアウト、福祉用具の検討をさせて頂きます。
中間カンファレンス(必要時)
  • ご本人・ご家族・担当職員参加
  • 退院先の確認、決定をしていきます
  • 各種制度利用支援など、退院に向けての準備を行っていきます
家族指導
  • ご家族の介護が必要な場合には、ご自宅の環境やご家族の状況に応じた、安全で負担の少ない介護方法を提案させて頂きます。
試験外出泊(必要時)
  • ご自宅で移動やトイレが安全、安心して行えるか、ご家族は介護が可能かどうかなど検討して頂きます。
退院前カンファレンス
  • ご本人・ご家族・担当職員、ケアマネージャー、サービス担当者等参加
  • 在宅で支援して頂くサービス担当者と情報交換・調整を行いご自宅での生活を安心して送る事ができるよう準備していきます。
退院

ページの一番上へ